loading...

大阪毎日新聞記事データベース

1887年(明治20年)~1933年(昭和8年)年の『大阪日報』『大阪毎日新聞』に掲載された、
大阪・尼崎地区の社会・労働に関する記事のデータベースです。

▶このデータベースについて


現在、閲覧環境を整備中です。
その間、記事の閲覧は、マイクロフィルムを所蔵する大阪府立中之島図書館にお問合せ下さい。


記事タイトル: 人名:

検索語は各欄にひとつずつ入力可能。複数の欄に入力した場合、AND検索。
日付順

全25523件あります
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256

id 記事タイトル 紙名 日付 元号年 朝/夕 画像ファイル
17301 閉鎖工場の機械を売払って給料を受取る、大阪金属労組の支援 大阪毎日新聞 1930-03-19 昭和5年 9 12515
17302 失業問題糾弾決議と演説会 大阪毎日新聞 1930-03-19 昭和5年 9 12515
17303 窮状を訴へて職工に給料の値下を申渡す(大阪ホーロー) 大阪毎日新聞 1930-03-20 昭和5年 9 12516
17304 山口大阪市社会部長渡欧に反対、無産議員団で 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 1 12517
17305 小作人陳情商大移転と運河問題で 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 2 12518
17306 労農党の合同提唱延期、案を練り直す 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 2 12519
17307 佐薙製作所争議また紛糾 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 9 12520
17308 賃金値下で調停を申出る、木津川製材所 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 9 12520
17309 昨年中の職工災害数、死者二十四,不具廃疾者二百七十四 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 9 12520
17310 富士ホーロー工場不況から閉鎖 大阪毎日新聞 1930-03-21 昭和5年 9 12520
17311 内地人が借りに来て朝鮮人が住む「それは約束が違う」と家主が家を釘づけ 大阪毎日新聞 1930-03-22 昭和5年 9 12521
17312 府特高課の調査、今年の争議、既に去年の半数 大阪毎日新聞 1930-03-22 昭和5年 9 12521
17313 キリンヤシャツの争議団員三名、ビラを貼り回って拘留 大阪毎日新聞 1930-03-22 昭和5年 9 12521
17314 無産党合同遂に一頓挫、労農党提唱を延期 大阪毎日新聞 1930-03-23 昭和5年 1 12522
17315 電気局以外の従業員奮起す、大阪市の共済組合規定に反対決議文を関市長に 大阪毎日新聞 1930-03-23 昭和5年 7 12523
17316 下水工事騒ぎ転じて家賃争議へ、訴訟沙汰、港区桂町の被害住民と家主 大阪毎日新聞 1930-03-23 昭和5年 7 12523
17317 職工八十名が警官隊と衝突警官側負傷す、中河内争議のもつれ 大阪毎日新聞 1930-03-23 昭和5年 7 12523
17318 うまいことづくめで店員争議解決、盛文館 大阪毎日新聞 1930-03-23 昭和5年 9 12524
17319 無産党連盟を作れ合同はそれから、社民連合会の申合せ 大阪毎日新聞 1930-03-23 昭和5年 9 12524
17320 無産党合同青年協議会生る 大阪毎日新聞 1930-03-24 昭和5年 1 12525
17321 ホテル建設に絶対反対、社民党声明書 大阪毎日新聞 1930-03-24 昭和5年 7 12526
17322 自由労働者市庁に押寄す 大阪毎日新聞 1930-03-25 昭和5年 2 12527
17323 単一無産党の結成は殆ど失敗 大阪毎日新聞 1930-03-25 昭和5年 1 12528
17324 二億四千二百万円の市の予算案無事可決、無産派の廃案、修正説は敗る、ホテル創設案も条件付で可決 大阪毎日新聞 1930-03-25 昭和5年 9 12529
17325 紹介所に集る労働者は殆ど仕事にありつく成績のいい救済事業 大阪毎日新聞 1930-03-25 昭和5年 9 12529
17326 救済事業継続の言質を得て市庁舎に押かけた自由労働者引揚ぐ 大阪毎日新聞 1930-03-25 昭和5年 9 12529
17327 大阪市社会部の調査、十六時間も働く悲惨な使用人「八時間制」は夢のような話 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 1 12530
17328 国際労働会議民間代表、顧問各代表候補決定 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 1 12530
17329 泉北の織布工場女工の賃金値上げ、父兄大会の要求を承認 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 2 12531
17330 全農組合員政党より脱退、大阪府連合会の声明 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 1 12532
17331 (社説)無産党合同運動の結末、優生児相談所 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 2 12533
17332 農民組合大会、府支部連合会 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 9 12534
17333 労働専門の紹介所千鳥橋にできる 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 9 12534
17334 公益質屋権拡張案を叩きつぶせと質屋さんが大会を開いて気勢をあぐ 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 9 12534
17335 市会を通ったホテル案(無産党が反対) 大阪毎日新聞 1930-03-26 昭和5年 9 12534
17336 労農党に対し合同を拒絶、大衆党と戦線統一協議、社民党中央執行委員会 大阪毎日新聞 1930-03-27 昭和5年 1 12535
17337 お手軽に無産市民の脈をとる診療所五月一日から大阪市の周囲部に五ヶ所にきまる 大阪毎日新聞 1930-03-28 昭和5年 9 12536
17338 鮮人小学生七名のスリ団 大阪毎日新聞 1930-03-28 昭和5年 9 12536
17339 全民党から回答文手交、労農党の合同提案に応ず 大阪毎日新聞 1930-03-28 昭和5年 1 12537
17340 社民、大衆両党の合同協議始る 大阪毎日新聞 1930-03-29 昭和5年 1 12537
17341 西宮一家三人心中の身元三・一五事件に連座して保釈中の共産党員 大阪毎日新聞 1930-03-29 昭和5年 7 12538
17342 散在する工場を一ヶ所に集める特別工場地帯の指定、これで工場も一般住宅も大助り 大阪毎日新聞 1930-03-29 昭和5年 9 12539
17343 産児制限の相談にお越し、優生相談所いよいよ開店 大阪毎日新聞 1930-03-29 昭和5年 9 12539
17344 社会事業学会産児制限研究 大阪毎日新聞 1930-03-29 昭和5年 9 12539
17345 合同問題は白紙で、中央執行委員会に臨む大衆党本部 大阪毎日新聞 1930-03-30 昭和5年 1 12540
17346 百六十名の農民市庁へ運河問題陳情 大阪毎日新聞 1930-03-30 昭和5年 2 12541
17347 全合同を目標、大衆党執行委 大阪毎日新聞 1930-03-30 昭和5年 1 12542
17348 合同態度緩和を社民党に勧告 大阪毎日新聞 1930-03-31 昭和5年 1 12543
17349 泉南の瓦工場殆ど罷業、賃金値上げを要求して 大阪毎日新聞 1930-04-01 昭和5年 2 12544
17350 原田織機の争議、いよいよ深刻 大阪毎日新聞 1930-04-01 昭和5年 2 12544
17351 社民、大衆両党接近きのう双方懇談 大阪毎日新聞 1930-04-01 昭和5年 2 12545
17352 労農党に対する全国協議会回答 大阪毎日新聞 1930-04-01 昭和5年 2 12545
17353 農民組合府連の足なみ揃え昨日第二回大会 大阪毎日新聞 1930-04-02 昭和5年 9 12546
17354 朝まだきから門を叩くきのう店を開いた優生相談所大繁盛 大阪毎日新聞 1930-04-02 昭和5年 9 12546
17355 金属労組年次大会 大阪毎日新聞 1930-04-02 昭和5年 9 12546
17356 無産合同協議会社民党いくらかおれる(東京) 大阪毎日新聞 1930-04-03 昭和5年 1 12547
17357 知事に詰め寄せる飛田遊郭通り抜けに反対の婦人矯風会の三代表 大阪毎日新聞 1930-04-03 昭和5年 9 12548
17358 黴の生えた工場規則に時代の風をあてる、まずその手続きをスピード化曖昧な文句もハッキリさせる 大阪毎日新聞 1930-04-03 昭和5年 9 12548
17359 失業問題に最も力を注ぐ無産党の意気込み 大阪毎日新聞 1930-04-05 昭和5年 1 12549
17360 無産合同協議会に社民党は不参加 大阪毎日新聞 1930-04-05 昭和5年 1 12550
17361 木管会社争議、三十二日目に解決 大阪毎日新聞 1930-04-05 昭和5年 7 12551
17362 亀井ガラス争議社長邸に馬糞を投げる 大阪毎日新聞 1930-04-05 昭和5年 9 12552
17363 電労と愛友会からの嘆願を体よく拒絶、平塚電気局長の回答 大阪毎日新聞 1930-04-05 昭和5年 9 12552
17364 無産団体を一丸に、盛んなメーデー大阪では十万 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 2 12553
17365 小作争議激増、原因は凶作 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 1 12554
17366 鐘紡、全従業員思い切った減俸断行きのう突然申渡す、全国同盟曰く職工たちは承知しまい 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 7 12555
17367 堺の無産者産児制限相談所 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 9 12556
17368 湯浅伸銅所争議、団旗を立てて会社へ押寄す 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 9 12556
17369 内鮮融和の野球試合鮮人チームタイガー団 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 9 12556
17370 軍縮による余剰は失業救済と減税に充てよ、無産党共同委員会を作る? 大阪毎日新聞 1930-04-06 昭和5年 1 12557
17371 総連合関西連合会大会 大阪毎日新聞 1930-04-07 昭和5年 1 12557
17372 鐘紡の減俸波紋、職工達は斯く語る、総連合関西大会の決議、大阪紡労けふ抗議 大阪毎日新聞 1930-04-07 昭和5年 7 12558
17373 鐘紡株忽ち暴落、大阪紡労の代表者蔵原知事代理に面談 大阪毎日新聞 1930-04-08 昭和5年 2 12559
17374 全無産団体の共同闘争を提唱、全国同盟の鐘紡対策 大阪毎日新聞 1930-04-08 昭和5年 2 12559
17375 鐘紡減給の大渦、無産党一斉に起つ 大阪毎日新聞 1930-04-08 昭和5年 1 12560
17376 無産党合同問題別個の協議会全民党から提唱 大阪毎日新聞 1930-04-08 昭和5年 1 12560
17377 鐘紡の減給を見て紡績各社の苦悶 大阪毎日新聞 1930-04-08 昭和5年 5 12561
17378 深夜業廃止来賃金は下つている、鐘紡賃金 大阪毎日新聞 1930-04-08 昭和5年 5 12561
17379 鐘紡問題、内務省では成行を静観 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 1 12562
17380 果然、鐘紡の減給続々他会社に波及、共同闘争委員会急速に進展す紡績関係の労組結束 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 2 12563
17381 組合員三日間休業決議(大阪石工組合、賃金不払いで) 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 2 12563
17382 鐘紡の減給問題、今日労農党から共同闘争を提唱 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 1 12564
17383 (社説)鐘紡の減給大きな社会問題 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 2 12565
17384 紡績各社の今期、減配は確実となる、鐘紡減給問題の突発で実行が容易になった 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 5 12566
17385 長尾鐘紡社長の釈明「他の会社に比べ待遇は悪くない」淀川工場従業員代表けふから工場長と会見 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 7 12567
17386 失業者救済の新事業、二つの工事で、日に二百五十人消化 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 9 12568
17387 市の失業救済事業に延べで約九万人使用、四年度における成績発表さる 大阪毎日新聞 1930-04-09 昭和5年 9 12568
17388 全国農民大会杉山氏の激励演説 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 1 12569
17389 内外に揚る減給反対の火の手、淀川工場騒ぐ 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 2 12570
17390 農民も遂に起つ生活権を擁護せよと全国農民組合大会で緊急決議 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 2 12570
17391 岸和田紡も引下、各分工場とも一斉断行 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 2 12570
17392 紡績関係組合の共同闘争委員会成る、労農党で声明書発表、大衆党代表両相訪問 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 1 12571
17393 共同闘争を社民党拒否?全民では直ちに応諾 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 1 12571
17394 すぐ実社会に役立つ新しい商工実務学校、大阪市が全国最初の試み 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 2 12572
17395 (硯滴)鐘紡争議 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 2 12572
17396 鐘紡淀川工場の千余名、けふの回答如何で罷業を断行せん 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 7 12573
17397 工場閉鎖も辞せず、武藤前社長は語る 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 7 12573
17398 減給反対のビラ六千枚を押収、宣伝ビラ撒布労組員が 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 9 12574
17399 大衆党演説会減俸反対 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 9 12574
17400 鐘紡減給騒ぎの余聞、淀川工場の幹部ペッシャンコ 大阪毎日新聞 1930-04-10 昭和5年 9 12574