loading...

大阪朝日新聞記事データベース

1887年(明治20年)~1930年(昭和8年)年の『大阪朝日新聞』に掲載された、
大阪・尼崎地区の社会・労働に関する記事のデータベースです。

▶このデータベースについて


記事の閲覧は、マイクロフィルムを所蔵する大阪府立中之島図書館にお問合せ下さい。


記事タイトル: 人名:

検索語は各欄にひとつずつ入力可能。複数の欄に入力した場合、AND検索。
日付順

全17107件あります
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172

id 記事タイトル 紙名 日付 元号年 朝/夕
11908 あす月賦住宅のクジ引き 大阪朝日新聞 1925-08-23 大正14年 9
11909 失業世相ー裁判所の雇員募集、多数の応募で係官も驚く 大阪朝日新聞 1925-08-23 大正14年 9
11910 大野川堤の切下は住民の生命を脅す、大和田町民府市当局へ陳情 大阪朝日新聞 1925-08-23 大正14年 9
11911 今宮の産婆連が市役所へ、陳情の膝詰め談判 大阪朝日新聞 1925-08-23 大正14年 9
11912 (天声人語)官業労働者の立候補問題 大阪朝日新聞 1925-08-24 大正14年 2
11913 組合に加入して職工解雇さる(中津の天満モスリン) 大阪朝日新聞 1925-08-24 大正14年 3
11914 堂ビルの8階から職工すべり落つ、奇跡的に命拾い 大阪朝日新聞 1925-08-25 大正14年 3
11915 失業会議から帰った両氏の談(吉村内務部長、加々美市助役) 大阪朝日新聞 1925-08-25 大正14年 9
11916 悲喜こもごもの月賦住宅の予備抽選 大阪朝日新聞 1925-08-25 大正14年 9
11917 住宅低利資金申請、十三年に比し約二倍 大阪朝日新聞 1925-08-25 大正14年 9
11918 職工の負傷で一年にフイになる一億円(朝日橋署長などでつくる旭友会の統計から推計して全国で) 大阪朝日新聞 1925-08-26 大正14年 9
11919 紡績連合会に警告書を、労働法案反対に労働組合反対(総同盟) 大阪朝日新聞 1925-08-26 大正14年 9
11920 市営事業に力瘤を入れる 堺 大阪朝日新聞 1925-08-26 大正14年 9
11921 不景気から犯罪者がふえた 大阪朝日新聞 1925-08-27 大正14年 2
11922 阪急に電灯値下げを、村団結で運動(豊中、南豊島) 大阪朝日新聞 1925-08-27 大正14年 9
11923 失業救済策として都計と庁舎建設(府) 大阪朝日新聞 1925-08-27 大正14年 9
11924 失業と犯罪、人心に影響深刻(中央職業紹介事務局) 大阪朝日新聞 1925-08-27 大正14年 10
11925 家賃値下げの調停(浪速区)(および東区合同紡の明け渡し調停) 大阪朝日新聞 1925-08-27 大正14年 欄外
11926 毎夜野天に眠る一千の失業者、頭をなやます府当局 大阪朝日新聞 1925-08-28 大正14年 9
11927 失業者には生活費を貸す、無料宿泊の設備もする、市立労働共済会の試み 大阪朝日新聞 1925-08-28 大正14年 9
11928 電灯村営に決めた豊中村(阪急側談話あり) 大阪朝日新聞 1925-08-28 大正14年 9
11929 (協調会大阪支所の)労働学院生徒募集 大阪朝日新聞 1925-08-28 大正14年 9
11930 ボロ緞通の副業、泉北の農家で 大阪朝日新聞 1925-08-28 大正14年 9
11931 (市の)生活費の貸与は一種の失業保険(山口社会部長談あり) 大阪朝日新聞 1925-08-29 大正14年 2
11932 (社説)所得税の控除項目拡張 大阪朝日新聞 1925-08-29 大正14年 2
11933 人身売買禁止と枢府の難詰に政府の苦しい答弁 大阪朝日新聞 1925-08-29 大正14年 2
11934 なかなか解けぬ浜田家の小作争い 大阪朝日新聞 1925-08-29 大正14年 9
11935 不景気から刑務所ゆき志願の哀れな男 大阪朝日新聞 1925-08-29 大正14年 9
11936 中之島に集まる浮浪者の群れ、天満署が調べた六百人 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 2
11937 (社説)失業者の痛苦と救済 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 2
11938 少年の職業紹介施設要綱決定さる(内務、文部) 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 2
11939 八月大阪物価高騰 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 7
11940 主要都市賃銀低落、自由労働者が最もひどい 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 7
11941 (水銀灯)(人身売買条約の除外) 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 7
11942 問題の敷地に人絹工場設立(高槻) 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 9
11943 天満モス争議 大阪朝日新聞 1925-08-30 大正14年 欄外
11944 (天声人語)(婦女売買禁止条約) 大阪朝日新聞 1925-08-31 大正14年 2
11945 梅鉢争議演説、解散を命ぜらる 大阪朝日新聞 1925-09-01 大正14年 2
11946 矯風会の十銭袋(公娼廃止運動) 大阪朝日新聞 1925-09-01 大正14年 5
11947 編入半歳を迎えて、大大阪市となって善いこと悪いこと(元依羅村) 大阪朝日新聞 1925-09-01 大正14年 9
11948 専売局職工ー専売局始まって以来の落ち着き方で異動の最小限 大阪朝日新聞 1925-09-01 大正14年 9
11949 不景気の生む恐ろしい犯罪 大阪朝日新聞 1925-09-01 大正14年 9
11950 矢田部村の家屋税問題でいきまく反対委員 大阪朝日新聞 1925-09-01 大正14年 9
11951 (天声人語)(無産政党の綱領) 大阪朝日新聞 1925-09-02 大正14年 2
11952 (財界六感)物価は昂り労銀は下る 大阪朝日新聞 1925-09-02 大正14年 7
11953 政治研究会のあつれき、幹部脱退す 大阪朝日新聞 1925-09-03 大正14年 1
11954 (財界六感)労働法案審議進む 大阪朝日新聞 1925-09-03 大正14年 7
11955 社会事業連盟会員の範囲定る 大阪朝日新聞 1925-09-03 大正14年 9
11956 仕事にあぶれたら日に五十銭貰える毎日二銭宛かける失業保険、市労働者共済会の試み 大阪朝日新聞 1925-09-03 大正14年 9
11957 女工三名脱走(倉紡枚方工場、勧誘員の話と違うため) 大阪朝日新聞 1925-09-03 大正14年 欄外
11958 失業運動後援会(労働問題研究所が企てる) 大阪朝日新聞 1925-09-04 大正14年 2
11959 友禅職工罷業賃銀増額の要求を拒絶され 大阪朝日新聞 1925-09-04 大正14年 2
11960 (一日一文)戸田貞三/無産といふ事について 大阪朝日新聞 1925-09-04 大正14年 1
11961 南海電灯値下げ十月一日から 大阪朝日新聞 1925-09-04 大正14年 9
11962 大阪駅をめぐる不景気風、犯罪がふえた不正乗車も多い 大阪朝日新聞 1925-09-04 大正14年 9
11963 近く出そろう無産政党の綱領規約 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 2
11964 失業とは何か?統計局に質疑殺到 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 2
11965 (天声人語)(政治研究会の無産党綱領) 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 2
11966 無産政党綱領草案討議(東京) 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 2
11967 婦女売買条約と矯風会(東京) 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 2
11968 産業労働調査所、三日発会式を挙げた 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 9
11969 方面委員を殖やして失業救済、堺の人選終わる 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 9
11970 堺公民病院竣工 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 9
11971 一万二千の委員が国勢調査の訓練 大阪朝日新聞 1925-09-05 大正14年 9
11972 (社説)知識階級の失業 大阪朝日新聞 1925-09-06 大正14年 2
11973 (水銀灯)(失業、60歳以上の求職者の激増など) 大阪朝日新聞 1925-09-06 大正14年 7
11974 睨み合いの小作争議に村長の調停(山田村) 大阪朝日新聞 1925-09-06 大正14年 9
11975 八ケ町村連合電灯値下げ運動、京阪電灯に対し 大阪朝日新聞 1925-09-06 大正14年 9
11976 共有林分割問題解決、南河内郡赤阪外五箇村 大阪朝日新聞 1925-09-06 大正14年 9
11977 失業対策委員会下旬東京で(関東からの照会に対する呉海工会) 大阪朝日新聞 1925-09-06 大正14年 欄外
11978 (社説)婦人売買と公娼制度 大阪朝日新聞 1925-09-07 大正14年 2
11979 (伏石事件判決関係) 大阪朝日新聞 1925-09-08 大正14年 1
11980 ロシアから二万円を農民組合へ(朝鮮水害罹災民のために、と) 大阪朝日新聞 1925-09-08 大正14年 1
11981 台所をのぞいて(1)大世帯の鐘紡 大阪朝日新聞 1925-09-08 大正14年 9
11982 官有か民有か問題の浜地、府参事会の裁定を求む(脇浜) 大阪朝日新聞 1925-09-08 大正14年 9
11983 三島の磐手村、古曽部(小作争議一度もない) 大阪朝日新聞 1925-09-08 大正14年 9
11984 大阪労働学校総同盟から独立 大阪朝日新聞 1925-09-08 大正14年 9
11985 (社説)労働争議調停法案の審議 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 2
11986 舳松村たった五人で合併問題村会 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 9
11987 浜田家の小作争議解決 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 9
11988 北河内地主会(日本興農会) 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 9
11989 斎藤三島村長の引責辞職村内の紛糾から 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 9
11990 編入半歳を迎えて(敷津村、長居村) 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 9
11991 堺連合婦人大会(26日) 大阪朝日新聞 1925-09-09 大正14年 9
11992 福田狂二等収容さる 大阪朝日新聞 1925-09-10 大正14年 2
11993 住吉の芸妓指定地またぞろ大揉め 大阪朝日新聞 1925-09-10 大正14年 9
11994 小作調停府の農務課へ申込んだ件数 大阪朝日新聞 1925-09-10 大正14年 9
11995 労働連合大会(組合連合関西労働連合13,14日) 大阪朝日新聞 1925-09-10 大正14年 欄外
11996 (和田久太郎らの)爆弾事件判決 大阪朝日新聞 1925-09-11 大正14年 9
11997 電灯料値下げ運動、委員を選び交渉(高槻町など) 大阪朝日新聞 1925-09-11 大正14年 5
11998 無産政党の綱領加盟団体からの提案 大阪朝日新聞 1925-09-12 大正14年 5
11999 市電急行に反対の火の手 大阪朝日新聞 1925-09-12 大正14年 9
12000 女の働き口も減った、大阪府市の職業紹介協議 大阪朝日新聞 1925-09-13 大正14年 2
12001 村長排斥から村民大阪府庁へ押し寄す 大阪朝日新聞 1925-09-13 大正14年 2
12002 失業救済のため新市部に土木事業総工費二百万円で 大阪朝日新聞 1925-09-13 大正14年 9
12003 社会事業連盟準備委員選定 大阪朝日新聞 1925-09-13 大正14年 9
12004 小作争議について農村識者の意見を求める警察 大阪朝日新聞 1925-09-13 大正14年 9
12005 失業者のうどんの御馳走、極東連盟協会が 大阪朝日新聞 1925-09-14 大正14年 5
12006 真珠工場爆発す、職工四名重傷(西成区) 大阪朝日新聞 1925-09-14 大正14年 5
12007 (組合連合)関西連合会大会 大阪朝日新聞 1925-09-14 大正14年 欄外